日本医療機能評価機構
認定病院

  市立大洲病院


    患者様に信頼される良質で安全・安心な医療を提供し、地域社会に貢献します。


 ● 病院のご案内

 ● 診療科のご案内

 ● 患者様へのご案内

 ● 各部門のご紹介

 ● お知らせ

 ● その他











 栄養管理室

看護部放射線室薬剤室検査室リハビリテーション室|栄養管理室|地域医療連携室医療安全対策室




栄養管理室から


 栄養管理室では、室長(医師)、管理栄養士4名・調理師10名・食器洗浄スタッフ6名 計21名で業務に取り組んでいます。
 適切な栄養管理と、安全でおいしい給食提供を目指し、管理栄養士はNST(栄養サポートチーム)専門療法士、日本糖尿病療養指導士、愛媛糖尿病療養指導士などの資格を取得、調理師は特殊専門調理師の資格を取得しています。

●給食管理業務
@適温適時 :温冷配膳車を利用し適切な温度管理を行っています。
食事時間は、朝食8時頃・昼食12時頃・夕食18時頃になります。

A選択食 :常食の患者様を対象とし、朝食に和食(ご飯食)・洋食(パン食)メニューを用意しております。
お好きな方をお選びください。

B行事食 :毎月行事食を提供しています。クリスマスやお正月、初煮会に合わせての芋炊きや鮎料理など、大洲ならではのメニューも提供させていただいています。少しでも入院生活の楽しみになればと思います。

 
 行事食例) 「お花見弁当」


 
 毎年4月1日提供
 


C曜日毎のメニュー(※仕入等により変更になることも御座います)
水曜日または木曜日(半年交代):麺の日 昼食にうどんやラーメンなど
水曜日または木曜日(半年交代):手作りデザートの日 夕食にティラミスなど
土曜日:パンの日 朝食に食パンやホットケーキなど

 
 
 糖尿病患者様用手作りコーヒーゼリー    常食患者様用手作りティラミス


●栄養管理業務
@個人栄養指導
主治医の指示のもと各病状に応じた栄養指導を行っています。予約制で時間は30分程度です。興味のある方は、主治医にご相談ください。

A集団栄養指導(糖尿病教室)
毎週金曜日、糖尿病教室(13:30〜14:30)を開催しております。管理栄養士による栄養指導は、第2・第4金曜日になります。入院中の患者様だけでなく外来の患者様、当院以外の患者様、ご家族の方もぜひご参加ください。

BNST(栄養サポートチーム)
他職種がチームとなり入院患者様の栄養管理を行っています。毎週金曜日にラウンドを行い、患者様の状態やご希望から食事内容の検討・変更などを行い早期退院を後押しします。

●その他
市民講座の開催 テーマ「減塩」 2014年9月6日(土)
昨年に引き続き、今年度も市民講座を開催します。午前中は調理実習(予約制)、午後からは医師・薬剤師・看護師・管理栄養士による講演会(予約不要)になります。ぜひご参加ください。詳細は広報をご覧ください。
※参加費無料

    昨年度調理実習メニュー

  エネルギー:488kcal

  塩分:2g


  今年度のメニューは
  「芋炊き」になります。




創立50周年記念イベント 市民講座の開催 テーマ「糖尿病」  2014年10月11日(土)

当院は今年創立50周年を迎えることができました。その記念イベントとして「今日から知ろう生活習慣病(糖尿病を中心に)」として、市民講座を開催しました。栄養管理室からはレクチャー(おやつの楽しみ方)と糖尿病患者様用手作りおやつの試食会を行いました。レシピを紹介します。

豆腐のムース

 
  材料 7人分

 絹ごし豆腐 100g(1/3個)
 パルスイート 小さじ 1
 低脂肪乳  100cc
 パルスイート 小さじ 2
 ゼラチン  5g
 植物性ホイップクリーム 100cc
 きなこ  小さじ 1/2

作り方
@ 絹ごし豆腐にパルスイート小さじ 1 を加え、よく混ぜておく。
A ゼラチンは水大さじ 3 でふやかしておく。
B 低脂肪乳にパルスイート小さじ 2 を加え、60℃くらいに温め、ふやかしたゼラチンを加える。
C @にBを少しずつ加え、混ぜ合わせる。
D ホイップクリームをとろっとするまで泡立ててCを合わせ、カップに流し、よく冷やす。
E きなこをふり仕上げる。

     栄養価(1人分)
エネルギー 70Kcal 


オートミールのパフェ仕立て

 
  材料 1人分

 バナナ   1/4本
 オートミール  10g
 低脂肪乳  17g
 りんご   1/8個
 ヨーグルト  15g(大さじ 1)
 パルイート 小さじ 1
 ミントの葉  1枚
 マンゴー   5g【飾り用果実】
 ブルーベリー 1個【飾り用果実】

作り方
@ オートミール(※無ければお使いのシリアルでも構いません。できるだけ砂糖の少ないタイプを選んでください。)と低脂肪乳を軽く混ぜてレンジで温める。(好みにより温めた後、冷蔵庫で冷やしてもよい)
A バナナは輪切りに、リンゴは一口サイズに切る(変色防止にレモン汁をかけても良い)
B ミルフィーユ状にバナナとリンゴとオートミールを交互に盛り付ける。最後はヨーグルト、その上にミントの葉と飾り用果実を乗せれば完成。

     栄養価(1人分)
エネルギー 95Kcal 


☆手作りおやつのポイント☆
◎豆腐の使用で低カロリーになります
◎低脂肪乳や植物性ホイップクリームの使用で合併症予防に努めましょう
◎低カロリー甘味料の使用で急激な血糖値上昇を防ぎます

◎オートミールは精白米に比べ約19倍の植物繊維が含まれています(五訂日本食品標準成分表より)植物繊維をしっかり摂りましょう