日本医療機能評価機構
認定病院

  市立大洲病院


    患者様に信頼される良質で安全・安心な医療を提供し、地域社会に貢献します。


 ● 病院のご案内

 ● 診療科のご案内

 ● 患者様へのご案内

 ● 各部門のご紹介

 ● お知らせ

 ● その他











 看護部

看護部|放射線室薬剤室検査室リハビリテーション室栄養管理室総合患者支援室医療安全対策室臨床工学室


 看護部長から  部署紹介 認定看護師紹介 教育体制 看護師募集について




看護部の理念


 私たちは、やさしさと・気づきと・思いやりのある看護を提供し、地域の皆様の期待に
応えられる看護を実践します。



看護部の方針


1.チーム医療の一翼を担い皆様の健康づくりを支援します。
2.患者さまとの関わりを大切にし、信頼関係を築きます。
3.患者さまの権利を尊重し十分な説明と同意のもとに、患者さまやご家族が参加できる看護を提供します。
4.専門性を発揮しエビデンスに基づく、安全で安心できる看護を提供します。
5.専門職として活き活きと働ける職場環境づくりを目指します。




看護ケア提供方式


 看護提供方式は、プライマリーの理念に則った固定チームナーシングを取り入れています。
また、一部パートナーシップを導入試行中です。




看護部長からのメッセージ


   少子超高齢社会の今、どこで療養していても安心して必要な医療・介護を受け、自分らしく暮らせるための体制が必要になっています。それに伴い看護職の活動は幅広い分野で必要とされており、「暮らしと医療を支える」看護の力が期待されています。
 それに応えるため、私たちは、知識・技術・倫理観を持ち、患者様に安全で安心な看護が提供できるよう専門性を高める努力や、変化する社会に対応できる柔軟性と自立性を養う必要があります。
 看護部では、新人看護職員研修制度を導入し、計画的に研修を開催しています。そして、ジェネラリスト、スペシャリスト、看護管理者教育なども組織的に支援しています。
成長したいあなたを、あたたかくサポートします。
 地域の皆様に「やさしさ」「気づき」「思いやり」のある看護を提供し、満足していただける、そして職員自らも満足できる看護を提供できることが私たちの目標です。


 ▲このページのトップへ




各部署のご紹介

【 総合患者支援室 】   
 総合患者支援室では、平成30年度より、外来部門と地域医療連携室が統合し、「総合患者支援室」と改めました。職員は看護師11名、社会福祉士2名、医療クラーク14名の27名が勤務しています。
 外来機能では、内科、外科、整形外科、泌尿器科、眼科、皮膚科、耳鼻科、神経内科の診療科があり、内視鏡室、化学療法室、看護外来としてフットケア、糖尿病透析予防、認知症相談を行っています。また、週2日の救急外来を担当し、地域の中核的医療を担っています。更に、看護体制では、外来病棟一元化を実施しており、在宅から外来・入院、そして在宅へと継続看護に繋げています。地域医療連携機能では、入退院支援、患者相談、訪問看護、病診連携の機能を有し、住み慣れた地域で暮らし続けることができるように、地域の多職種の方々と連携し、支援の必要な方への医療・看護を提供しています。
 外来機能、地域医療連携機能ともに、地域の窓口として地域の皆様の期待に応えられるように、皆様に寄り添い納得していただける医療・看護の提供に努めています。どうぞ、お気軽にご相談ください。


【 中材手術室 】
 中材手術室は看護師7名・看護補助者1名の計8名で勤務しています。手術室は3部屋あり、外科・整形外科・泌尿器科・眼科の手術を行い、前年度は年間1000件実施していました。各科手術の特徴として、外科は腹腔鏡下手術(ヘルニア・胆石・虫垂・等)、整形外科は脊椎手術、観血的骨折手術等、泌尿器科は経尿道的手術・ブラッドアクセス手術等、眼科は水晶体再建手術・硝子体手術等です。毎日が時間との戦いではありますが、チーム力を活かして手術に挑んでいます。これからもチーム一丸となって安全で安心な手術看護を提供したいと考えています。




【 人工透析室 】
 透析室は、地域の透析医療における中核病院であり、透析医療災害拠点病院としての役割を担っています。ベッド数は27床、月曜日から土曜日まで血液透析を中心とした腎代替療法を行っています。スタッフは看護師8名、臨床工学技士5名、看護補助者1名で構成されています。それぞれの専門性を活かしながら役割を発揮しています。当院では愛媛県初の透析看護認定看護師を育成し、認定看護師を中心に透析療養に関わる教育や指導、透析予防の強化に努めています。
 現在は、泌尿器科病棟との外来一元化に取り組み、連携した透析導入における患者教育や指導を、きめ細やかに切れ目なくおこなっています。また、災害時に備え日頃から自己管理に努め、透析患者カード情報を随時見直し、院内での災害訓練のほかに、透析室独自で災害訓練を計画し災害時に備えています。
 今後も、患者様の安心と安全に努め、透析療法に関わる患者様やその御家族1人1人の価値観を尊重しながら、更によりよい透析生活が過ごせるよう患者様と共に歩む医療の提供をめざしていきます。




【 2病棟 】
 2病棟は、外科・整形外科・泌尿器科・眼科の急性期外科病棟です。看護師36名、看護補助者2名を含めた38名で周術期看護を提供しています。看護方式は固定チームナーシングを取り入れ、3チームで外来・透析室との一元化による継続看護を実践しています。また、病院理念・看護理念を基に病棟目標を「チーム間の壁を超えた協力体制を実践し、より良い看護の提供ができる」と掲げ活動しています。このように、私達は、患者・家族の方々のみならず、看護を行っている私達もしあわせになれる看護を目指して、日々頑張っています。

   



【 3病棟(地域包括ケア病棟) 】
 地域包括ケア病棟は、平成28年に新しく開設された病棟です。急性期病棟での治療が終了し、在宅に帰るには不安のある患者様、在宅・病院・施設など療養中からの緊急入院をされた患者様に対し、在宅復帰までの治療や、リハビリを行っています。不安なく在宅へ帰るために「入院診療計画書」に基づいて、主治医、看護師及び専従の理学療法士や在宅復帰支援担当者(社会福祉士)等が協力し、患者様のリハビリや在宅復帰支援(相談・準備)を行っています。病棟の特徴としては、レクレーション室を利用し、患者様が家庭的な雰囲気のなか、楽しみながら生活できるようになっています。演歌や歌謡曲、童謡、クラッシックなど好みの音楽を聴きながら、塗り絵や折り紙、輪投げ、釣りなど各種レクレーションが楽しめます。リハビリ後、疲れた身体が心身ともに癒せるよう温もりのある病棟です。認知症の患者様もゆっくりと対応できるよう看護師は17名、看護補助者も7名が配属されていますので安心してご利用いただけます。




【 4病棟 】
 4病棟は、内科病棟で、内科疾患治療・内視鏡検査治療、緩和医療と幅広い知識・技術が求められる病棟です。急な身体状態変化への対応が必要とされ、緊張感をもち、チーム医療で協働しながら患者様に寄り添い、安全・安心な看護の提供をめざしています。また、内科外来、内視鏡室との病棟外来一元化をはかり、外来から入院、退院、在宅へと切れ目のない継続した看護の提供に努めています。




 ▲このページのトップへ






認定看護師のご紹介

 認定看護管理者

 救急看護認定看護師

 感染管理認定看護師

 透析看護認定看護師

 認知症看護認定看護師

 ▲このページのトップへ